地盤改良

  1. 千興商事トップへ»
  2. 地盤改良

地盤改良工事の各種工法概要

深層混合処理工法

本工法は、スラリー状態のセメント系固化剤を、地盤に注入して現地盤土との共回り現象を防止できる
特殊攪拌機により、混合攪拌してソイルセメントを成柱する深層混合処理工法。施工機械は大別して
施工機本体部とプラント部により構成されている。施工機本体部のクローラークレーンには
特殊攪拌機(静止翼)と、それを回転させるオーガーマシーンが装着されている。
またプラント部は、ミキサー、圧送ポンプ、発電機、水槽、注入スラリー量と掘削深度を自動記録する
計測装置により構成されている。

  • 事前調査ボーリング調査
  • 一軸圧縮試験
  • 六価クロム溶出試験
  • 施工風景
  • 掘削
  • セメントプラント
  • 攪拌翼

地盤改良その他概要

深層混合処理工法

改良体Φ600 3.20m 64本 施工日数1日でした。

テノコラム

深層混合処理工法です。当工法はあらゆる土質に対し実績があります。

  • テノコラム工法による施工